フィリピンでSimplism製品の展開を目指して

2012.03.22

PH01.jpg

iPad(3rd)の発売の熱も醒めやらぬまま、初めて訪れる国フィリピンに行ってきました。これまでも少しだけSimplismブランドの製品を展開していたのですが、これから本格的に展開するということで視察および、iPad(3rd)系新製品のデモンストレーションや商談などを兼ねて行ってみたという訳です。

PH02.jpg

PH03.jpg

フィリピンのマーケットは実のところ、それほど大きい訳ではなく、Apple Storeもありませんし、日本でいうソフトバンクやauのようにキャリアショップでアクセサリーが販売されている訳でもありませんので、ほとんどがApple Authorized Reseller(AAR)やApple Premium Reseller(APR)などで占められていて、それ以外は一部のコンピューターショップで販売されているくらいです。特にAPRは日本でもApple Storeに並ぶほど綺麗な店舗ですが、フィリピンでも同様にしっかりと綺麗に並べられたアクセサリーや専門知識を持ったスタッフがいました。

これからこういうところでSimplismがたくさん展開されていく、ハズです。

PH04.jpg

PH05.jpg

PH06.jpg

そして、もうひとつ案内されたのが、なんというか市場みたいなところで、ここはこの写真にあるとおり、見渡す限りほとんどがケースを売っていて、さらにそのほとんどがiPhoneケースというものすごい場所です。価格も100円くらいから500円くらいまでと激安のマーケットです。なにやら脱獄(分からない人は分からないままにしておいてください)などもやってくれたり、アプリを入れてくれたりするようなサービスも並んでいます。

割と広大な場所にiPhoneケースばかりこんなにあるのか、というくらいあり、しかも人がたくさんいるのです。ここが本当にフィリピンのマーケットなのかもしれません。もちろん、ここにSimplism製品が展開するということはありません。

PH07.jpg

さて、いつもと違うところにきたら、やはり食も大事な楽しみです。今回案内してくれた人たちが日本を好きなので、私たちに合うようなものを探してくれました。

PH08.jpg

PH09.jpg

豚肉の皮をカリカリに揚げたもので、中はとろっとしているところが特長です。脂身があまり好きではない私でも(ギリギリ)食べることができました。

PH10.jpg

PH11.jpg

こちらは竹筒の中に炊込み御飯が入っているもので、これはかなり美味しかったです。

PH12.jpg

こちらも豚肉がカリカリになっていて、さらにスパイシーななにかが降りかかっていて、これまた美味しかったです。元々、かなりびびっていたのを察知してくれて、比較的食べやすいモノを選んでくれたのかもしれませんが、フィリピンの食事はどれも美味しかったです。

ただ…、最後のフィリピン名物「バロット」だけはダメでした。まず、見た目的にもダメですし、どうしてこういう状態で食べる必要があるのかわかりません。羽とか毛とかがあるのを避けながら食べるのですよ…。というわけで、これは食べたふりをして貝殻の下に隠しておきました(笑)

PH13.jpg

というわけで、あっという間の2日間でしたが、これからSimplism製品が広まっていくことを期待しています。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

アップル好きが高じて2006年にMacintosh周辺機器を販売する会社を立ち上げる。その後オリジナルブランドの「Simplism」や「EVENNO」製品を筆頭にデザイン雑貨やデジタルガジェットなど「自分がほしいカッチョイイもの」を探し続ける。 

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

投稿者名*
メールアドレス*
コメント*

カテゴリー

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す