NuAns NEO [Reloaded]に最新ファームウェアアップデート「V25」配信

2018.02.15

投稿者 : ほっしぃ

NuAnsNEO.001.jpeg

NuAns NEO [Reloaded]のリリースノートのページでも公開していますが、NuAns NEO [Reloaded]の最新ファームウェアである「V25」を配信しました。必ず、バックアップを取ってから実施して頂くことと、インターネット回線を通じての配信となりますので、できる限りWi-Fi環境でアップデートをお願いいたします。

リリースノートだけだと、機能などの背景も分からないために少し解説したいと思います。
・Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化をしました(KRACK脆弱性対策済み)。

Googleによるセキュリティパッチ1月分を適用しました。いろいろなセキュリティホールへの対策が含まれています。以前に話題になったKRACKの脆弱性についても対策がされています。ユーザーの方からご指摘もありましたが、今後はセキュリティアップデートは機能追加や改善のアップデートとは別に配信していくようにしたいと思います。今回も、セキュリティアップデート自体を取り込むのは終わっていて、機能の追加や改善の方に少し時間を要してしまったということがありました。

・通話品質を改善しました。

通話における品質について、まだ改良の余地があるというフィードバックを受けて音質を向上させるように調整しました。私たちのテストにおいても、かなり音質が良くなったと実感できましたので、是非ともお試しください。

・標準カメラアプリにシャッタースピードが1/30以下にならない「手ぶれ防止モード」を追加しました(初期設定ではON)。

そもそもでいうと、カメラは周囲が暗い場合に、適正な露出を保つために絞りもしくはシャッタースピードの調整を自動的に行ないます。NuAns NEO [Reloaded]を含むスマートフォンの場合、基本的に絞り値は固定のため、基本的にはシャッタースピードで調整することになります。ただ、その場合、暗い環境ではシャッタースピードが遅くなり、結果としてしっかりとホールドするか三脚などで固定しないと手ぶれしてしまうという問題がありました。これ自体は、一眼レフなどのカメラでも発生することですので自然な動きです。

ただ、比較的簡単にシャッタースピードが遅くなってしまうので、もう少し改善をしたいと研究をしてきました。機構的に手ぶれ補正機能を付けるのは不可能ですので、あとはソフトウェア的に抑える、もしくは後から補正するということが考えられます(トップブランドのスマートフォンはそうしています)。しかし、それには莫大な開発コストがかかりますので、NuAns NEO [Reloaded]では現実的ではありません。

そこで考え出したのが、手ぶれをしないシャッタースピードを最大値として固定してしまうことです。一般的に1/30よりもシャッタースピードが遅くなると手ぶれしやすくなります。ですので、この値を1番遅いシャッタースピードに設定すれば手ぶれを抑えることができます。いろいろとテストをしてみましたが、問題なさそうなので今回実装をしました。これで、しっかりとホールドしていなくてもある程度は手ぶれを抑制できるのではないかと思います。とはいえ、変わらずしっかりと脇を締めてホールドしながら撮影する方が良いのは言うまでもありません。

また、弊害としては撮影した画像が少し暗くなることがあります。しかしながら、実際には暗いのに明るく撮ろうとしてシャッタースピードを落としてしまい、結果として手ぶれをしてしまうのでは本末転倒です。暗いときには少しはそれを反映して暗く撮れても良いのではないかと思っています。

・特定の環境下でカメラ設定をHDR Auto(表示はHDR A)にすると画面がちらつく問題を解決しました。

私を含めHDR Autoを使用していない方には分からない現象ですが、ユーザーの方からの指摘があり修正を加えました。テストして限りでは、どのような環境でもちらつくことがなくなりました。

・標準カメラアプリにおける色調整を行ないました。

一部の照明環境下における、赤色の強調を抑えるようにしました。これにより、かなり自然な赤が再現できるようになりましたので、思う存分生肉やレアステーキを撮影できるようになりました。

・V22を適用することで発生した通話やデータ通信が途切れる問題を解決しました(ご利用環境で通信が途切れる症状が出る場合は、[設定>もっと見る>モバイルネットワーク>アクセスポイント名] と進み、右上の3点ボタンをタップして「初期設定にリセット」を選択し、APNリストを初期化してください)。

V22というよりも、Android 7.1.2にアップデートした際に発生した問題ですが、今回解決しました。ただし、一部の方は記述の通りAPNのリセットが必要になりますので、うまくモバイルネットワークに接続できない場合にはお試しください。

追記:リリース文では分かりにくかったのと、一部補足があるため下記のサポートページを作成しましたので、問題が発生している方はご覧ください。

V25-03適用時にモバイルデータ通信が出来なくなる問題について

・Wi-Fi接続からモバイルデータ通信への切り替え時に通信ができなくなる場合がある問題を解決しました。

どんな状況でも常に発生するというわけではありませんでしたが、一部の環境においてWi-Fiからモバイルネットワークへの切り替えがスムースにいかない場合がありましたので解決しました。

・LEDフラッシュを利用した通知設定時の光の明るさを調整できるようにしました。

当初、通知LEDは不要と考えていましたが、要望が多くあり、カメラ用のフラッシュを代用することで実現しました。しかしながら、あまりにも眩しいので使えないというフィードバックがあり、何かしら対策はできないかと考えていたところ、LEDの明るさ調整ができるということで今回実装しました。実際のところ、フラッシュのLEDは輝度が高く、1番暗い設定にしてもまだ明るいのですが、これが最大限の調整となります。これまでよりは、かなり良くなったのではないかと思います。

・電話アプリのインポート/エクスポートの設定メニュー表示順を修正しました。

元々はAndroid標準の標記だったのですが、一部で表記がおかしかったようなので調整を行ないました。結構、日本語がおかしかったり、間違っているところもあったり、翻訳されていないリソースもあったりと、素のAndroidと言いつつも結構手を入れないといけなかったのは誤算でした。

・ETWS/Jアラートメッセージ受信時の表示を改善しました。

以前にJアラートが発令されたときに、表示がおかしかったり、マナーモードの時に音が出なかったりしていたのを調整しました。これまで同様、テストできる環境がないので、あまり期待したくないのですが、次回に発令されたときに、今回の対応で完璧になっているかどうかが分かります。

・その他細かいバグを修正しました。

その他、細かいバグ、とはなにか、と思うかもしれませんが、普通には分からないような本当に細かなところをいくつか直しています。通常使用において、特に気づくようなところでもありませんので、詳細の記述は割愛しています。なにかしら、改善されたんだなというくらいに思っていただければと思います。

ソフトウェアについて、大きな問題点やご要望についてできる限り手を入れたと考えています。今のところ、今回のアップデートで取りこぼしている大きなものはないと認識してます。次はAndroid 8に向けて取り組んでいくようになります。今回のアップデートでも直っていない問題、もしくはご要望がありましたら、コメントに書き込みをいただけますでしょうか。

引き続き、NuAns NEO [Reloaded]をご愛用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

アップル好きが高じて2006年にMacintosh周辺機器を販売する会社を立ち上げる。その後オリジナルブランドの「Simplism」や「EVENNO」製品を筆頭にデザイン雑貨やデジタルガジェットなど「自分がほしいカッチョイイもの」を探し続ける。 

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

投稿者名*
メールアドレス*
コメント*

カテゴリー

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す